プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・資金調達・M&Aをサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

【所得税】所得税の概要

所得税とは

所得税は、個人の所得に対してかかる税金です。

1年間の全ての所得から所得控除を差し引いた残りの課税所得に税率を適用し税額を計算します。

なお、平成25年(2013年)から令和19年(2037年)までの各年分については、復興特別所得税を所得税と併せて申告・納付します。

 

 

所得税の基本的な仕組み

①申告納税制度

自ら所得を計算して申告し、納税することが原則です。(源泉徴収・年末調整は例外)

 

②暦年課税

1月1日〜12月31日までに生じた所得を対象として課税されます。

 

③総合課税

原則として、10種類の所得全てを合算して課税されます。これを総合課税といい、例外としては、分離課税があります。

10種類の所得は、それぞれ収入や必要経費の範囲あるいは所得の計算方法などが決まっています。10種類とは以下のとおりです。

  1. 利子所得
  2. 配当所得
  3. 不動産所得
  4. 事業所得
  5. 給与所得
  6. 退職所得
  7. 山林所得
  8. 譲渡所得
  9. 一時所得
  10. 雑所得

 

④課税所得に対する課税

所得税は、収入から経費を引いた「所得」を計算し、さらにこの所得から「所得控除」を差し引いて課税所得が計算されます。

課税所得=収入−経費−所得控除

つまり、課税所得が0円であれば課税されず、納税義務はありません。

所得控除は以下の15種類があります。

  1. 雑損控除
  2. 医療費控除
  3. 社会保険料控除
  4. 小規模企業共済等掛金控除
  5. 生命保険料控除
  6. 地震保険料控除
  7. 寄附金控除
  8. 障害者控除
  9. 寡婦控除
  10. ひとり親控除
  11. 勤労学生控除
  12. 配偶者控除
  13. 配偶者特別控除
  14. 扶養控除
  15. 基礎控除

 

⑤超過累進課税

所得税の税率は、所得金額に応じ、5%〜45%までの7段階による超過累進税率が設けられています。

実際には、速算表を用いて計算することとなります。

例えば、課税所得が1,000万円の場合、計算は以下のとおりです。

=1,000万円×33%−153万6千円=176万4千円

 

なお、実際の納税額は税額控除も加味しますので、課税所得×税率−税額控除で計算されます。

 

【注意】会計・税金のコラムについて

【免責事項】

ブログ記事を参考にしたことによるいかなる不利益等も当事務所は一切の責任を負いません。

また、記事は同業専門家に向けて書いているわけではなく一般の方に向けて書いているものです。

記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、専門用語を多用するのではなく、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけています。

そのため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

 

【ブログ記事に関するご質問について】

当事務所のブログ「会計・税金のコラム」について、当事務所との間にご契約を頂いていない方、またはご契約の見込のない方からの内容に関するご質問には一切回答致しません