プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・資金調達・M&Aをサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

【相続税】死亡退職金にかかる税金

死亡退職金の税務上の取扱い

遺族が受け取る「死亡退職金」は、相続税が課税されます。

 

退職金は、一般的には本人の存命中に受け取ることが多く、この場合には所得税が課税されます。

しかし、死亡された方(被相続人)の遺族に対して支払われる死亡退職金等については、所得税ではなく、みなし相続財産として相続税が課税されます。

 

なお、死亡退職金等とは、被相続人の死亡によって、被相続人に支給されるべきであった退職手当金、功労金その他受け取る名目に関わらず、実質的に被相続人の退職手当金等として支給される金品をいい、現物支給されたものを含みます。

 

 

死亡退職金等の相続税の非課税枠

相続人が死亡退職金を受け取った場合には、非課税枠までは相続税は課税されません。

この非課税枠は、相続人以外や相続放棄をした人は利用できません。

 

相続税における死亡退職金等の非課税枠 = 500万円 × 法定相続人の数

 

 

※法定相続人

  • 法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数
  • 法定相続人の中に養子がいる場合の法定相続人の数に含める養子の数は、実子がいる時は1人、実子がいない時は2人まで

 

なお、死亡退職金等であったとしても、支給される金額が被相続人の死亡後3年経過後に確定したものは、死亡退職金等を受け取った人に対して所得税が課税されるので留意が必要です。

 

【注意】会計・税金のコラムについて

【免責事項】

ブログ記事を参考にしたことによるいかなる不利益等も当事務所は一切の責任を負いません。

また、記事は同業専門家に向けて書いているわけではなく一般の方に向けて書いているものです。

記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、専門用語を多用するのではなく、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけています。

そのため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

 

【ブログ記事に関するご質問について】

当事務所のブログ「会計・税金のコラム」について、当事務所との間にご契約を頂いていない方、またはご契約の見込のない方からの内容に関するご質問には一切回答致しません