プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・資金調達・M&Aをサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

【相続税・所得税】公的年金の未支給分への課税

公的年金を受け取る前に死亡した場合、その未支給分は誰が受け取り、課税上どのような取扱いとなるのでしょうか。

こうした場合は、遺族が受け取り、受け取った遺族に所得税が課税されます。

 

公的年金等の支給タイミング

国民年金等の公的年金は、毎年偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)の15日に、その前月・前々月の2ヶ月分が支給されます。

 

相続発生のタイミングによっては、未支給分が発生することとなります。

例えば、9月10日に被相続人が死亡した場合、9月分までが支給対象となり、10月15日に8月・9月の2ヶ月分が支給されます。

 

誰が受け取るのか

受給者が死亡した時点で、まだ支給されていない年金がある場合には、死亡した受給者の配偶者、子、父母など三親等以内の親族であって、かつ、生計を一にしていた者が、「自己の名」で受給できることとなっています。

つまり、未支給年金は相続人が受け取るものとなります。

 

課税上の取扱いは

未支給年金は、受給者の所得となるため、相続財産とはなりません

よって、受給者に所得税が課税されることとなります。

公的年金は通常、本人に支給される場合には雑所得に分類されますが、相続人が未支給分を受け取る場合には一時所得となり、50万円までの特別控除があります。

 

ブログ記事に関する免責・注意事項

ブログ記事をご参考にしたことによって発生した不利益等について、当事務所は一切の責任を負いません。

なお、記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけているため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

また、当事務所のブログ記事に関するご質問には一切回答致しません。