プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・財務をサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

中小企業経営強化税制の拡充について(C類型)

テレワーク等を促進するため、中小企業経営強化税制が拡充されました。

特定経営力向上設備の対象として、テレワーク等を促進するための設備(遠隔操作、可視化、自動制御化のいずれかを可能にする投資計画に記載された設備)が対象となります。

 

 

制度概要

中小企業経営強化税制とは、中小企業等経営強化法の認定を受けた「経営力向上計画」に基づき、一定の設備を取得や製作等した場合に、即時償却または取得価額の10%の税額控除(資本金3,000万円超1億円以下の法人は7%)が選択適用できる制度です。

従来は、生産性向上設備(A類型)、収益力強化設備(B類型)が対象になっておりましたが、この度、新たにデジタル化設備(C類型)が対象に加わりました。

対象となるデジタル化設備とは、下記のいずれかに該当する投資計画を達成するために必要不可欠な設備をいいます。

 

①遠隔操作

  1. デジタル技術を用いて、遠隔操作をすること
  2. 以下のいずれかを目的とすること
  • 事業を非対面で行うことができるようにすること
  • 事業に従事する者が、通常行っている業務を、通常出勤している場所以外の場所で行うことができるようにすること

②可視化

  • データの集約・分析を、デジタル技術を用いて行うこと
  • 上記データが、現在行っている事業や事業プロセスに関係するものであること
  • 上記により事業プロセスに関する最新の状況を把握し経営資源等の最適化※を行うことができるようにすること

③自動制御化

  • デジタル技術を用いて、状況に応じて自動的に指令を行うことができるようにすること
  • 上記の指令が、現在行っている事業プロセスに関する経営資源等を最適化するためのものであること

※経営資源等の最適化・・・設備、技術、個人の有する知識及び技能等を含む事業活動に活用される資源等の最適な配分等

 

 

手続

経営力向上計画の申請の流れについては以下のとおりです。

認定支援機関の事前確認および経済産業局による確認書が必要となります。

 

「中小企業庁(中小企業等経営強化法の経営力向上設備等のうちデジタル化設備(C類型)に係る経産局確認の取得に関する手引き)より」

【免責事項】会計・税金のコラムについて

ブログ記事に関するご質問について

当事務所のブログ「会計・税金のコラム」について、内容に関するご質問には一切回答致しません

これは、業務多忙につき無料相談の機会を一切設けていない当事務所として、できる範囲にて無料の情報提供を行わせて頂こうという趣旨に基づき記事を掲載しているためです。コメント欄を設けていないのもそのためです。

当事務所との間にご契約を頂いていない方、またはご契約の見込のない方からの問い合わせに回答することは、上記趣旨に反することになります。

読者の方におかれましては、何卒ご理解頂きますようお願い致します。

 

免責事項

ブログ記事を参考にしたことによるいかなる不利益等も当事務所は一切の責任を負いません。

また、記事は同業専門家に向けて書いているわけではなく一般の方に向けて書いているものです。

記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、専門用語を多用するのではなく、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけています。

そのため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

コメントを残す