プレライズ会計事務所|中小企業・非営利法人の会計・税金・資金調達・M&Aをサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

事業計画を作成するときに考慮すべき「SWOT分析」とは

SWOT分析とは

SWOT分析とは、自社の強みや弱み、他社動向や市場分析を以下の4つに分類し、フレームワークとして整理したものです。

 

Strength (強み)

Weakness (弱み)

Opportunity (機会)

Threaten (脅威) 

 

SWOT分析の手法としては、フリーディスカッションとして、会議の参加者が思いつくままに付箋紙などに書き出し、グルーピング整理する手法(KJ 法)により行われるケースが多いと思いますが、小規模企業などではもちろん社長が一人で考えを巡らせても良いでしょう。

ところが、SWOT分析を行ってみると、多くの企業で共通することは、Strength (強み)とOpportunity (機会)が挙げられにくい反面、W(弱み)とT(脅威)が挙げやすいということあります。

 

 

効果的なSWOT分析手法

なぜ上記のようなことが起こるのでしょうか。

それは、中小企業においては、経営者ですらも自社の強みを適切に認識していないからです。

しかし、どのような企業であっても企業として存続してきた理由(=強み)があるはずです。

 

例えば、次のような有形・無形の財産があるのではないでしょうか。

  • 先代から引き継いだ事業用資産や信用
  • 自社内に蓄積されたスキル・ノウハウ
  • 愛社精神のある社員
  • 支援してくれる金融機関

 

SWOT分析にて自社の強みや機会も含めた形で現状認識を正確に行った後、以下の戦略を検討していきましょう。

内部環境
外部環境 強み 弱み
機会 強み×機会

自らの強みを自社成長に活かすための戦略を考える

弱み×機会

機会を活かすため自らの弱みを補強する戦略を考える

脅威 強み×脅威

自社の強みを活かして脅威を切り抜ける戦略を考える

弱み×脅威

弱みをふまえて脅威の影響を最小限にする戦略を考える

 

これは、クロスSWOT分析と呼びます。

分析の結果導き出された戦略については、費用対効果の検討を行い実行の優先順位を決めて行きましょう。

 

中小企業においては、持てる経営資源(ヒト・モノ・カネ)には限りがありますので、私個人の考えですが、強み×機会を活かす戦略に力を集中することが良いのではないかと考えています。

 

 

年初のように比較的時間にゆとりがあるときこそSWOT分析を行い、自社の方向性をゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログ記事に関する免責・注意事項

ブログ記事をご参考にしたことによって発生した不利益等について、当事務所は一切の責任を負いません。

なお、記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけているため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

また、当事務所のブログ記事に関するご質問には一切回答致しません。