プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・財務をサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

小規模宅地等の特例 いわゆる”家なき子特例”について

平成30年の税制改正にて小規模宅地等の特例について見直しがされました。

実家を相続により取得した場合に減額できる「特定居住用宅地等」について、この特例が適用できる「別居の親族」の範囲が狭くなるという内容です。

具体的には、相続開始前3年以内に自己または自己の配偶者が所有する住宅に住んでいなければ特例の要件を満たしていましたが、改正後は「3親等以内の親族」、あるいは「特別の関係のある法人が所有する住宅」も加わった他、「住んでいる住宅が過去自己所有の住宅として住んだことがないこと」も追加されました。

この改正には経過措置が設けられていましたが、令和2年4月1日以後発生した相続からは経過措置は適用できなくなっています。

あらためて、改正の内容を確認したいと思います。

 

特定居住用宅地等とは

被相続人(亡くなった方)が所有していた宅地等を相続または遺贈により取得した場合、相続税の計算上その宅地等の評価額を減額できる制度があります。

これを小規模宅地等の特例といいます。

この中には、住宅を相続したときに減額できる「特定居住用宅地等」(被相続人等が居住していた宅地等を一定の者が相続した場合にその宅地等評価額を330㎡まで80%減額)の特例があります。

 

特定居住用宅地等の適用を受けることができる要件

取得者 適用要件
配偶者
  • 条件無し(同居要件もない)
被相続人と同居親族
  • 相続開始前から被相続人と同居しており、相続税申告期限までそこに住んでいる
  • 被相続人と住んでいた住宅の敷地を相続税申告期限まで所有し続ける
被相続人と別居親族(いわゆる家なき子)
  • 被相続人の配偶者、相続人である被相続人の同居親族がいない
  • 相続開始前3年以内に日本国内に自己または自己の配偶者、(改正にて追加)自己の3親等以内の親族、自己と特別の関係のがある一定の法人が所有する住宅に住んだことがない
  • 被相続人と住んでいた住宅の敷地を相続税申告期限まで所有し続ける
  • (改正にて追加)相続開始時に住んでいる住宅について過去に一度も所有したことがない

 

改正により適用できなくなるケース

特例の本来の趣旨は、マイホームを持っていない賃貸住宅に住んでいる相続人に被相続人の住宅を引き継いでもらうことにあります。

しかし、マイホームを持っているにもかかわらず一時的に他の親族へ売却して実家を相続する際に特例を適用するなどの逸脱行為が行われていたことが問題視され、法改正となりました。

以下は改正により適用できなくなるケースです。

 

相続開始の2年前から現在まで叔父・叔母が所有する住宅を賃借して住んでいた場合

⇒叔父・叔母は3親等以内の親族となるので特例は適用できません

 

マイホームを相続開始の5年前に売却しその家を賃借して引き続き住んでいた場合

⇒過去に所有したことがあるので特例は適用できません

 

【免責事項】会計・税金のコラムについて

ブログ記事に関するご質問について

当事務所のブログ「会計・税金のコラム」について、内容に関するご質問には一切回答致しません

これは、業務多忙につき無料相談の機会を一切設けていない当事務所として、できる範囲にて無料の情報提供を行わせて頂こうという趣旨に基づき記事を掲載しているためです。コメント欄を設けていないのもそのためです。

当事務所との間にご契約を頂いていない方、またはご契約の見込のない方からの問い合わせに回答することは、上記趣旨に反することになります。

読者の方におかれましては、何卒ご理解頂きますようお願い致します。

 

免責事項

ブログ記事を参考にしたことによるいかなる不利益等も当事務所は一切の責任を負いません。

また、記事は同業専門家に向けて書いているわけではなく一般の方に向けて書いているものです。

記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、専門用語を多用するのではなく、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけています。

そのため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。