プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・財務をサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

政治資金監査人に登録されました

登録政治資金監査人制度とは

国会議員関係政治団体については、収支報告書を提出するときには、その支出に関し、あらかじめ収支報告書、会計帳簿、領収書等などについて登録政治資金監査人による政治資金監査を受ける必要があります。

 

資格者

弁護士、公認会計士及び税理士のうち、登録政治資金監査人名簿に必要事項の登録を受けて登録政治資金監査人となることができます。(ただし、業務停止などの欠格要件該当者は不可)
登録政治資金監査人は、政治資金適正化委員会が行う政治資金に関する研修を修了しなければ政治資金監査を行うことができません。

 

登録政治資金監査人の職務

政治資金監査マニュアルに基づき、以下に掲げる事項について政治資金監査を行います。

  • 会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かった支出の明細書等及び振込明細書が保存されていること
  • 会計帳簿には国会議員関係政治団体に係るその年における支出の状況が記載されており、かつ、当該国会議員関係政治団体の会計責任者が当該会計帳簿を備えていること
  • 収支報告書は、会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かった支出の明細書等及び振込明細書に基づいて支出の状況が表示されていること
  • 領収書等を徴し難かった支出の明細書等は、会計帳簿に基づいて記載されていること

そして、政治資金監査を行ったときは、政治資金監査報告書を作成しなければなりません。

 

まとめ

総務省HPによると、平成29年3月31日時点の現職国会議員に係る国会議員関係政治団体数は、総務大臣届出分が573団体、都道府県選挙管理委員会届出分が1,494団体あるようです。対して平成29年5月末現在の登録政治資金監査人数は約5,200人強。
公認会計士として会計監査業務を行ってきた経験を活かして行きたいと思います。

【注意事項】会計・税金のコラムについて

【免責事項】

ブログ記事を参考にしたことによるいかなる不利益等も当事務所は一切の責任を負いません。

また、記事は同業専門家に向けて書いているわけではなく一般の方に向けて書いているものです。

記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、専門用語を多用するのではなく、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけています。そのため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

 

【ブログ記事に関するご質問について】

当事務所のブログ「会計・税金のコラム」について、当事務所との間にご契約を頂いていない方、またはご契約の見込のない方からの内容に関するご質問には一切回答致しません

これは、業務多忙につき無料相談の機会を一切設けていない当事務所として、できる範囲にて無料の情報提供を行わせて頂こうという趣旨に基づき記事を掲載しているためです。コメント欄を設けていないのもそのためです。

読者の方におかれましては、何卒ご理解頂きますようお願い致します。