プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・財務をサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

【非営利法人会計】社団法人と財団法人の違いとは?

社団法人と財団法人とでは、機関設計、法人形態、財源、設立時の拠出金、財源、基金制度について、相違点があります。

 

社団法人とは

社団法人は、人(社員)の集まりに対して法人格を与えられたものです。

ですので、社員総会が最高意思決定機関となります。

社員からの会費が主な財源となり、設立時には財産の拠出は求められていませんが、活動の資金源として「基金制度」が設けられています。

 

基金とは、一般社団法人に拠出された金銭その他の財産であって、当該一般社団法人が拠出者に対して、法および当該一般社団法人と拠出者との間の合意に定めることに従い、返還義務を負うものをいいます。

基金制度を設ける場合には、基金の拠出者に関する規定や基金の返還手続方法などを定款に定める必要があります。

 

財団法人とは

財団法人は、財産の集まりに対して法人格を与えるものです。

理事会を監督する期間としては評議員会が設置されます。

活動の資金源は、基本的にはその財産の運用益で賄われることとなります。

法人の目的事業を遂行するために定款で定めた基本財産がある場合、維持することが求められ、事業遂行に支障をきたす処分はしてはならないとされています。

設立時には300万円以上の財産の拠出が必要ですが、設立後にも一定規模の財産を維持するという観点から、2期連続で純資産額が300万円を下回る状態となった場合には、解散することとなっています。

 

社団法人と財団法人の主な相違点

社団法人 財団法人
機関
  • 社員総会(2名以上)
  • 理事会(3名以上、設置しないこともできる)
  • 監事(1名以上)
  • 会計監査人(任意)
  • 評議員会(3名以上)
  • 理事会(3名以上)
  • 監事(1名以上)
  • 会計監査人(任意)
法人形態 人の集まりに対して法人格を付与 財産に対して法人格を付与
設立時の拠出金 300万円以上
主な財源
  • 会費収入
  • 事業収益
  • 運用益等
  • 運用益等
  • 事業収益
基金制度の有無 基金制度がある(設置は任意)

 

【免責事項】会計・税金のコラムについて

ブログ記事に関するご質問について

当事務所のブログ「会計・税金のコラム」について、内容に関するご質問には一切回答致しません

これは、業務多忙につき無料相談の機会を一切設けていない当事務所として、できる範囲にて無料の情報提供を行わせて頂こうという趣旨に基づき記事を掲載しているためです。コメント欄を設けていないのもそのためです。

当事務所との間にご契約を頂いていない方、またはご契約の見込のない方からの問い合わせに回答することは、上記趣旨に反することになります。

読者の方におかれましては、何卒ご理解頂きますようお願い致します。

 

免責事項

ブログ記事を参考にしたことによるいかなる不利益等も当事務所は一切の責任を負いません。

また、記事は同業専門家に向けて書いているわけではなく一般の方に向けて書いているものです。

記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、専門用語を多用するのではなく、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけています。

そのため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。