プレライズ会計事務所|中小企業・非営利法人の会計・税金・資金調達・M&Aをサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

【相続】遺産分割協議が成立しなかった場合はどうする?

遺産分割協議が成立しないとき

相続人の間で遺産分割協議が成立しないときには、家庭裁判所に対して遺産分割を決めてもらうことを請求することができます。

こうした家庭裁判所での遺産分割手続には①遺産分割調停②遺産分割審判の2種類があります。

①は話し合いによる相続人間の自主的な解決を目的とするものに対して、②は裁判により強制的に分割を決定しまうものになります。

 

裁判所の手続の流れ

遺産分割を家庭裁判所に請求した場合、「調停」と「審判」のどちらを申し立てるのかは自由ですが、「審判」の場合でも裁判所の判断でまずは「調停」を行うことができます。

一般的には、「調停」から開始する流れとなります。

なお、どのような遺産があるか等は裁判所が調査するわけではなく、各相続人が資料を用意しなければなりません。

調停手続は、調停委員と裁判官が各相続人の言い分を聞いた上で、対立する相続人に伝えるという形式で行います。調停にて話がまとまれば調停調書が作成されます。この調停調書には裁判の確定判決と同じ効力があります。

つまり、決まった内容については強制的に実現されることとなります。

調停の回数は、1回でまとまるものもあれば複数回を要するものもあります。

調停がまとまらなかった場合には「審判」に移行して裁判にて決定されます。

 

 

ブログ記事に関する免責・注意事項

ブログ記事をご参考にしたことによって発生した不利益等について、当事務所は一切の責任を負いません。

なお、記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけているため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

また、当事務所のブログ記事に関するご質問には一切回答致しません。