プレライズ会計事務所|スモールビジネスの会計・税金・財務をサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

【銀行融資】融資における試算表のチェックポイントとは

銀行融資の審査において、様々な資料提出が求められます。

決算書や試算表、資金繰り表、銀行取引推移表などが主要審査書類となります。

これらの資料の内容が重要なのは当然ですが、一方で、「資料を素早く提出できる社内管理体制となっているかどうか」も重要となってきます。

こうしたことは、新型コロナウィルス対策の件で実感した方も多いはずです。

資料を素早く出すためには、融資審査の視点を意識した財務内容となっていること、またそれをしっかりとした根拠をもって説明することができるようにしておくこと、を普段から準備しておきましょう。

 

試算表のチェックポイント:貸借対照表(B/S)

貸借対照表(B/S)における、勘定科目ごとのチェックポイントは次のとおりです。

 

勘定科目 チェックポイント
現預金 売上や仕入に対する入出金のバランスは適正か
売上債権(売掛金、受取手形) 残高は適正か、季節サイクルがある場合には増減との整合性があるか
棚卸資産 売上や仕入に合わせて残高が変動しているか、異常に残高が増減していないか
仮払金、貸付金 残高に動きがあるか
固定資産 取得や除売却などあるか
仕入債務(買掛金、支払手形) 残高は適正か、季節サイクルがある場合には増減との整合性があるか
借入金 残高の推移はどのようになっているか

 

銀行へ試算表を提出前に、勘定科目の動きとその要因をしっかりと把握しておきましょう。

 

 

試算表のチェックポイント:損益計算書(P/L)

損益計算書(P/L)における、勘定科目ごとのチェックポイントは次のとおりです。

 

勘定科目 チェックポイント
売上高 月ごとの売上推移は一定しているか、季節サイクルの中で売上の推移はどうか
売上原価 期中の仕入状況はどうか、在庫との関係ではどうか
売上総利益 月ごとの売上総利益率はどう変化しているか、異常値を示す月はあるか
販売費及び一般管理費 人件費や他の経費など大きな変動があるか
減価償却費 固定資産との動きと整合性が取れているか、減価償却費が月次で計上されているか
営業利益 前年度同月と比較してどうか
支払利息 金利変動など支払利息が大幅に変動していないか

 

当然ですが、黒字か赤字によって印象が全く違います。

ですが、単純に赤字だからといって悲観するのではなく、たとえ赤字であったとしても赤字の原因を説明し納得してもらうことが重要です。

例えば、一過性の要因により売上が減った・経費が増えた、試算表を提出したタイミングが季節サイクルの中で赤字になりやすい月だった、などです。

 

 

試算表が求められるケース

銀行から試算表の提出を求められるのは、主に以下のケースがあります。

  • 提出された直近決算決算書が赤字など、決算後の業績を確認したい場合
  • 決算書に疑わしい点がある場合(粉飾決算など)
  • 資金繰り表との整合性を確認したい場合
  • 金融庁による銀行検査の場合

 

なお、銀行から提出を求められないとしても、銀行とのコミュニケーションを円滑にするという観点からは毎月〜3ヶ月に1度程度は自ら試算表を手に銀行担当者と面会して方が良いです。

その際には、ただ試算表を持って行くのではなく、会計数値から自社の状況を客観的・論理的に説明できるようにしましょう。

 

【注意事項】会計・税金のコラムについて

【免責事項】

ブログ記事を参考にしたことによるいかなる不利益等も当事務所は一切の責任を負いません。

また、記事は同業専門家に向けて書いているわけではなく一般の方に向けて書いているものです。

記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、専門用語を多用するのではなく、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけています。そのため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

 

【ブログ記事に関するご質問について】

当事務所のブログ「会計・税金のコラム」について、当事務所との間にご契約を頂いていない方、またはご契約の見込のない方からの内容に関するご質問には一切回答致しません

これは、業務多忙につき無料相談の機会を一切設けていない当事務所として、できる範囲にて無料の情報提供を行わせて頂こうという趣旨に基づき記事を掲載しているためです。コメント欄を設けていないのもそのためです。

読者の方におかれましては、何卒ご理解頂きますようお願い致します。