プレライズ会計事務所|中小企業・非営利法人の会計・税金・資金調達・M&Aをサポート 東京・池袋の公認会計士・税理士事務所
プレライズ会計事務所
TEL:03-6887-1039
10:00〜17:00(月〜金)

10月21日公募期限 事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金とは

事業承継やM&Aを実施済み、または今後予定している事業者が、以下の取組みをする費用の一部が補助される補助金です。

 

  • 承継をきっかけとして新たな取組(経営革新)にチャレンジする
  • 事業者がM&A(買い・売り)を行う場合に専門家に支援を依頼する

 

公募期限まで1ヶ月を切っております。

申請を検討している事業者様は、ぜひ当事務所へご相談ください。

 

 

制度のポイント

補助金の概要

事業承継、事業再編及び事業統合を契機として新たな取り組みを行う事業の経費の一部を補助する

 

補助金対象者

中小企業、個人事業主が対象(一部例外有)

 

2種類の申請類型

  1. 事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)
    【対象者】事業承継やM&Aをきっかけにして、経営革新などにチャレンジする中小企業や小規模事業者
    【類型】 経営者交代(Ⅰ型)、M&A型(Ⅱ型)の2種類
    【補助額】100万円~700万円

  2. 事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用)
    【対象者】M&Aによって経営資源を誰からか引き継いだ、もしくは引き継ぐ予定がある、中小企業や小規模事業者
    【類型】 買い手支援型(Ⅰ型)、売り手支援型(Ⅱ型)
    【補助額】50万円~450万円

 

本補助金の注意点

  • 経営権を引継ぐ方は一定の役員経験年数、実務経験年数が必要です
  • 令和2年度第三次補正予算「事業承継・引継ぎ補助金」とは、内容・スケジュールに違いがあります

 

10月21日の公募期限に申請を予定している方は、令和3年度当初補正予算「事業承継・引継ぎ補助金」のWEBサイトを確認しましょう。

 

 

ブログ記事に関する免責・注意事項

ブログ記事をご参考にしたことによって発生した不利益等について、当事務所は一切の責任を負いません。

なお、記事内容の正確性については細心の注意を払っておりますが、より理解しやすいよう平易な表現にて記事を書くことを心がけているため、一部正確性に欠ける部分や曖昧な表現がある場合があります。

また、当事務所のブログ記事に関するご質問には一切回答致しません。